男の性感帯「乳首」を開発したい!/男の性感帯開発マニュアル

性器以外の性感帯の中で、最も開発しやすいと言われているのが「乳首」!男も乳首で気持ちよくなれる開発方法をご紹介。

男のカラダはもっと気持ちよくなれる!

性感帯を見つけたり開発したりできるのは女だけだと思ってない?

開発の仕方とほんのちょっぴりの勇気があれば性生活が向上すること間違いなし!自分でできるセルフ性感帯開発術と、新鮮で楽しい風俗での性感帯開発について学んでみましょう。

乳首責め専門の風俗店がある?/男の性感帯「乳首」を開発したい!

風俗の世界は想像以上に広く、また限りなくディープです。世の中には数えきれないくらいの性癖や趣向があるはずですが、風俗ではほぼ全てをカバーしているんじゃないかというくらいマイナーで細かい専門店がいくつも用意されています。

その中で乳首の開発は、M性感やSMというジャンルに分類されます。M性感が男性が風俗嬢に責められるもので、SMはどちらがSになりMになるかというコースが選べるものです。

SMはちょっと恐いなぁ、ハードなプレイは求めてないなぁ、と思った人はM性感を選ぶのがベストです。M性感は一方的に風俗嬢から責めてもらえる風俗なので、ここを選べば乳首だけでなく性感帯をたくさん作ってもらうことができます。

ただ驚きなのが、M性感の中にさらに「乳首責め専門店」があることなんです。乳首責め専門店がある風俗業種は、主に「風俗エステ」と「手コキ・オナクラ」です。店舗型よりも派遣型が多いので、乳首専門店と書かれている店に入るのが恥ずかしい!という場合でも気軽に自宅やホテルに呼んでお試しすることができますよ。

基本の乳首開発その1「乳首を立たせる」/男の性感帯「乳首」を開発したい!

男の乳首は女性のものに比べて縦も横も高さも全てミニサイズですよね。しかし、だからといって感度も違うんだと思ったらそれは間違いです。

ペニスとクリトリスを比較して分かるように、大きさはあまり感度と関係ありません。当然同じ乳首たるもの、男の乳首も小さいながら刺激を与えるとちゃんと立ちます

なぜ立たせることが必要なのかというと、立つ前よりも硬くなるため刺激を強く感じられるようになります。柔らかペニスよりも勃起MAXのペニスでオナニーしたほうが気持ちいいのと同じです。

乳首を立たせるのは開発の前準備でもありますがそれよりも立たせる過程を楽しむという面もあります。男の小さな乳首は、人差し指や中指で優しく指で転がしたりつまんだりして立たせていきます。

まだ全然気持ちよさは感じられない段階だと思いますが、そっと撫でる行為が毎回重なることで快感へと進化していくので、そのときを楽しみにしながら根気よく習慣化していくことが大切です。

乳首はどのくらいで開発できる?/男の性感帯「乳首」を開発したい!

乳首で感じるようになってみたいという男性は昔から多いですが、今現在感じるようになっている人と、興味はあるけど全然感じないという人の大きな違いは興味からくる「経験の差」だと思います。

つまり日常的に自分でいじったり彼女に責めてもらったり風俗で乳首舐めをお願いしたりして、エッチなこと=乳首がセットになっている人は、感度の大小はあれど乳首が性感帯だと体が自覚できているということです。

では今から乳首で感じるようになるには時間が掛かってしまうのか?というと、実はそうでもありません。今感じられる男性の多くは開発しようとして頑張ったのではなく、オナニーの一環などで自然と開花していった人がほとんど。1円貯金を長年して1万円貯めた!という感じでしょうか。

でも今から開発しようという人は、時間がなくても正しい方法を知って実行すればいい。100円貯金で1万円貯めるような感覚です。これはあくまでも例えですが、ちゃんと開発できれば約1〜3ヶ月程度で今までと違う感覚がやってくると思われます。

もし乳首が自分の性感帯になったら・・・/男の性感帯「乳首」を開発したい!

いつも鏡で見ている、ただ胸に付いてる赤いポッチ2つが、触れるだけで下半身が疼くような性感帯に変身したら・・・。

乳首は性器の次に感じやすい部分と言われていますが、その快感の種類は微妙に違います。何もエロイことなど考えていないという条件でいうと、何とあの天下の性感帯であるペニス様よりも乳首のほうが感じるのだというのです。

ペニスと乳首で得られる快感をイメージで表すと、ペニスがじわじわ、乳首がギューンという感じ。ペニスは握った直後から気持ちよくなるということはまずありませんが、乳首はつまんだ瞬間に電気が走ったような快感が背中を駆け巡ります。

でも、安心して下さい。乳首が開発されたからといってどこでも感じちゃう体になる訳じゃありません。あくまでも乳首を触られたときに何も感じないか快感が駆け巡るかの違いで、普段の生活の中で感じまくるなんてことはありません。

そりゃ、もちろん普通以上に開発してしまうといつでもどこでもボディが出来上がってしまいますが、明らかに男より乳首を愛撫され続けている女性でも日ごろは澄ました顔をしてブラジャーを付けているのですからそんなに心配することはありません。

乳首は男が一番開発されやすい性感帯/男の性感帯「乳首」を開発したい!

乳首で感じるのは女だけ、なんて思っている人はかなりもったいないです。確かに性感帯は「開発」と言われるように何度も触られて初めて開花するものなので、女性のようにエッチな時間の度に乳首をコリコリ、ペロペロされる立場でなければなかなか性感帯としてデビューできません。

ここで勘のいい人は気付いたでしょうか?
そう、女も最初から乳首が気持ちいいわけじゃないんですよね。

男性はどうしても性のお勉強でエッチな雑誌やAVなど男目線の行為を見ることが多いですから、激しく胸を揉まれたり乳首をつままれてアンアン言ったりするのを見て「女は胸を触れば感じる」と思い込んでいる男性がすごく多いような気がします。

胸は性感帯として一番簡単に開発されやすい性感帯。もちろんアソコを除いて、ですが。乳首で感じるようになった女性が全て開発しようと思ってしたりされたりしたとは到底思えません。ただ愛撫の定番の場所だから自然と回数を重ねて育てられたということです。

男も女と同じように、正しく触ればすぐに感じるようになるはず。簡単に一つ性感帯が増えるなら、試してみる価値アリですよね。