ルックス重視の指名が性感帯開発に必須/男の性感帯開発マニュアル

性感帯開発にはまず興奮できるルックスを持った女の子選びから。

淡泊にならない為に男は性感帯開発すべし!

男性は性感知開発に消極的と言われています。その理由として考えられるのが、兎にも角にもペニス中心の快楽に徹してしまうからです。

言われてみればそうかもしれません。物心ついたことからオナニーに耽り、お口に膣で果てるのが常と考えれば分かりやすいでしょう。

しかし性感帯と言うものは全身に巡らされ、まるでアンテナのように刺激をすれば敏感に反応をするもの。愛撫の一つとして性感帯を弄られるのもイイですし、クライマックス時に華を添えるのも性感帯。

男性にとって最も身近に感じる性感帯ポイントは、恐らくアナルや乳首でしょうか。ただ気づいていないだけで実際は耳元、口腔内にうなじや背中など彼方こちらに性感帯は点在しているものです。

そんな性感帯を然りと探るには、まずもっと気持ちよくなりたい欲求を固めること。そして性感帯開発に適した場、女性を選ぶことが大切になっていくのです。

容姿が与える心理的側面から考察する性感帯開発

実際彼女や奥様に「アナルをほじってほしい」だとか、「耳をベロンベロンに舐めて……」などとは言い出しにくいものです。だからこそデリヘルや風俗エステ、ソープなどの性風俗店利用が推奨されるわけですね。

お店によってフェチを押し出したお店も少なくなく、性感帯開発希望部位によってはそれらのコンセプト店を利用するのもGOOD。例えばアナル専門、足フェチ、ソフトSMなどのお店が代表的でしょうか。

しかしながらどんな開発のプロフェッショナルを指名するにしても、まず注意してほしい点として挙げられるのが指名嬢のルックスです。

性感帯開発には部位別、フェチ別にある程度コツと言いますか熟練した開発テクニックが必要になります。しかし、例えば性感帯開発の鬼と呼ばれる女性が、ゴリラ顔の50代女子だったら?スレンダータイプが好みなのに、100キロアップの巨漢肉まんじゅうがピンポンをならしたらどうでしょう?

顔だけじゃない、それを補う為に高いテクニックを有しているんだ!そう考えることもできます。しかしながら視覚から入り、脳に伝達される信号は意外と正直なもの。

許容範囲を軽く超えたような女性相手では、そもそも性感帯開発どころではありません。心がどこかにいったまま戻っていない状態と言いましょうか。ペニスも反応しなければ、性感帯開発なんてもうどうでもいいとやけくその状態に陥ってしまうのがオチ。

その為、どんなタイプの性風俗店を選ぶにしても、まずはそこそこカワイイ、キレイ目である女性を指名すべし。普通のプレイをするにしても、十分興奮するに値するレベルの女性を選んでいくことが大切になってきます。

性感帯開発に適した風俗店と注意点まとめ

性感帯開発をする際は、開発担当である女性のルックス、スタイルに年齢が心理的、身体的影響を及ぼす可能性について力説してきました。

これをしかりと肝に銘じた上で、まずは自分が興味のある、もしくは自分で触って見て気持ちいい部位を明確にすることから始めてみましょう。

アナルはもはやスタンダード過ぎる性感帯ですが、その他にもおへそ周りがいい、もしくは足を舐められると堪らないなど、それぞれ感じる部位は違うはずです。

その性感帯の開発希望の場所によって、風俗選びも異なってきます。前述の通り風俗業界、特にデリヘルでは重箱の隅をつつくような細分化されたコンセプトに分かれているので、いかに自分の性癖、興味にあったお店選びができるかも大切ですよ。

一般的には人妻・熟女風俗、M性感〜SMクラブなどのお店は男性の性感帯を引き出すのが上手いと言われています。

その理由としては男性の心に身体をリードできる女性が多く、なおかつ性感帯開発を含めた変態プレイに理解があるからです。

これらのお店はなかなか個性派の女性が少なくなく、世間一般的に美しい、カワイイと言われる女性キャストは多くありません。しかしながらランカー嬢、大衆の上以上のお店を選べば、平均以上の美熟女や美痴女も多く在籍するようになります。

性感帯開発に対してお金をケチってはならない!そして性感帯開発は一度や二度で完結するものではない。

そして性感帯開発にはまず信頼関係の構築が重要であり、はじめの女性選びが肝心になってきます。しっくりくる開発担当女性選びは困難を極めますが、今回学んだポイントを然りと頭に入れた上で、開発してくれる女性選びをスタートしてみましょう。