男の性感帯「足の付け根」を開発したい!/男の性感帯開発マニュアル

最も性器に近くて敏感な性感帯「足の付け根」。このくすぐったい部分がどう性感帯に変わるのか?開発の仕方をご紹介。

男のカラダはもっと気持ちよくなれる!

性感帯を見つけたり開発したりできるのは女だけだと思ってない?

開発の仕方とほんのちょっぴりの勇気があれば性生活が向上すること間違いなし!自分でできるセルフ性感帯開発術と、新鮮で楽しい風俗での性感帯開発について学んでみましょう。

実は気持ちいい足の付け根マッサージ/男の性感帯「足の付け根」を開発したい!

足の付け根というと、乳首やペニスに比べて地味というかマイナーな性感帯のように感じますよね。だけど普段自分が触らない、他人にも触られることのない部分というだけで、実はとても気持ちよく感じられる性感帯なんです。

足の付け根はリンパが流れていて、体の不調はこのリンパの滞りを流すことで改善すると言われています。肩こりのマッサージのように、かたまっているものや滞りを流すマッサージは、性的なものとは関係ない段階でも気持ちいいのです。

さらに足の付け根は、脇とまではいきませんが多少のくすぐったさを感じる部分です。ほぐす心地よさと性的な刺激でダブルのおいしさです。マッサージは自分でやるよりも他人にやってもらったほうが癒し効果が高くなります。
自分だと手がキツくなったりして効果が半減しますからね。

足の付け根という際どい部分までしっかりマッサージしてもらえるのは、やはり風俗系のアロママッサージ屋さんですね。気持ちよくて勃起してしまっても、その後抜いてもらえるという大きなメリットもありますから。

足の付け根は自分でも開発できる!/男の性感帯「足の付け根」を開発したい!

普段足の付け根を性的な目で見ることって無いですが、元々敏感な場所のため自分で触ってもそこそこいやらしい気分になることができます。

特にオナニーするときなど自分のアソコを見下ろすと思いますが、そのとき反対の手で指で優しくソーッとなぞると少しゾクゾク感が感じられます。

いくらオナニーする時間があっても足の付け根だけを永遠に撫でるほど男は暇じゃありませんから(笑)、ここはくすぐったいんじゃなくて気持ちいいんだよ〜と自分に言い聞かせる感じでペニスと一緒に触りましょう

タイミングとしては、ペニスを触ってある程度気持ちよくなってきたときから。ペニスを触りながら足の付け根に焦らすように指を這わせて、ペニスが気持ちよすぎるくらいになってきたら一旦やめて付け根だけを重点的に。

早くペニスを触りたい!イキたい!というときに性感帯を触ると余計に敏感になるのでその現象を狙います。

できればフィニッシュのときもやめないで触り続けたまま射精するのがベスト。これを繰り返していけば、どんどん身体が「ココは気持ちいい場所」と理解するようになってくれますよ。

付け根ときどきペニス/男の性感帯「足の付け根」を開発したい!

アソコと連動しているといっても過言ではない足の付け根の性感帯。でも、やっぱり隣があの天下のペニス様だと、いくら付け根を開発したとしてもペニスを擦ったときの快感には敵いません。

まぁそもそも性感帯というのは単独で気持ちよくするというよりも複数を組み合わせて深い快感にするというのが目的なので、今回の場合もただ足の付け根の感度を上げるのではなく、ペニスと協力し合って高めていくという方向でやってみたいと思います。

未開発のままで足の付け根に触れられると「際どいところを触られている」ということで性的な気分になります。でもそれは、足の付け根が触られていること自体が性的に気持ちいいということとはちょっと違います。

これを性的に感じる、までに高めるのが開発なのですが、ここを触るだけで開発するのはなかなか難しいもの。

そこで登場するのがあのペニス様。ひとしきり足の付け根を触ったり舐めたりした後、ギンギンになったペニスを扱いたりフェラしてもらったりする。足の付け根を舐めながら手でペニスを扱くなどの同時責めもかなり効果的です。

付け根ときどきペニス。隣同士仲良くしましょう。

足の付け根はアソコにダイレクトアタック!/男の性感帯「足の付け根」を開発したい!

足の付け根は想像しただけでも気持ちいい場所ですね。ペニスが鎮座する両脇、ちょうど太ももから胴体に切り替わるくぼみ部分。

顔を埋められるだけでもドキドキしますが、ここに相手の髪の毛が触れたり舌でペロンと舐められたりすれば、ペニスも期待でどんどん膨らむでしょう。

足の付け根は玉たまと同じく性器に最も近い性感帯。よく「焦らしプレイ」としていじられる場所でもあります。ここはくすぐったさはもちろん、気持ちよさも含まれていてすでに性感帯に近い完成度になっている場合が多いです。

だけど実際に女性から触られたり舐められたりしたときは、気持ち良くてビクつくというよりもくすぐったくて反射的に動くというほうが強く、これを性感帯として開発していくには快感で動くように身体に覚えさせる必要があります。

足の付け根はすごく開発しやすい上にアソコにもダイレクトに響く場所ですから、一番最初に開発にチャレンジするのに向いていると思います。